エンタメ

桐谷健太さん主演 70年代コザ舞台の映画「ミラクルシティコザ」来春公開 

映画「ミラクルシティコザ」の製作発表であいさつする桐谷健太さん=16日、沖縄市のセブンスヘブンコザ(喜瀨守昭撮影)

 1970年代のコザ(現沖縄県沖縄市)を舞台にした映画「ミラクルシティコザ」(平一紘監督)の製作発表記者会見が16日、沖縄市のライブハウス「セブンスへブンコザ」であった。主演の桐谷健太さんと、ヒロインの大城優紀さん、ジョージ紫さん、平監督、大城賢吾プロデューサーが登壇した。映画は来春に公開予定。

 桐谷さんは「(撮影では)たくさんの役者さんと、沖縄、コザという場所のエネルギーを感じて、今まで自分が知らなかったエネルギーが出せた」と振り返り、「映画を見た後、なにか(心の持ちようが)きっと良い方向に変わっていると思う」と作品の仕上がりに自信をにじませた。

 「ミラクルシティコザ」は、元ロックスターの祖父(ハル)に体を乗っ取られた青年が、魂を1970年代のコザにタイムスリップさせられるコメディ作品。2019年に第3回「未完成映画予告編大賞」のグランプリを受賞した。映画撮影は3度の延期を経て今年3月から、全編県内で行われ、4月15日に撮影を終えた。桐谷さんは青年の魂が宿った、70年代のハルを演じる。当時の雰囲気に加え、70年に結成したロックバンド「紫」が楽曲を提供するなど、オキナワンハードロックのレジェンドの魅力も味わえる作品になる。

 コザで育った平監督は「70年代のコザを舞台にしようと考えたときに以前勤めていた会社の方に相談し、『過去は変わることがないからどんどん価値が上がっていく』と言われた。今しかとれないキャスト、街の様子がこの映画で残せたと思う。大爆笑できる映画になったと思うのでそこを見てほしい」と話した。


映画「ミラクルシティコザ」の製作を発表する(左から)大城賢吾プロデューサー、ジョージ紫さん、桐谷健太さん、大城優紀さん、平一紘監督=16日、沖縄市のセブンスヘブンコザ(喜瀨守昭撮影)


関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス