社会

台風2号 沖縄は18日から波高く 気象台「潮干狩りは気をつけて」【4月17日午前】

台風2号の経路図(気象庁ホームページから)

 気象庁によると、大型の台風2号(スリゲ)は非常に強い勢力に成長し、17日午前9時現在、フィリピンの東を1時間に20キロの速さで北西に向かっている。

 中心気圧は935ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。

 沖縄気象台によると、18日から沖縄地方の海域はうねりを伴い、波が高くなる。19日から先島地方、20日から沖縄本島、大東島地方の海上がしける見込み。気象台は「海岸では急に波が高くなる可能性があるので、潮干狩りを計画している人は特に気をつけてほしい」と注意を呼びかけている。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス