国際

普天間返還合意に関与、モンデール元米副大統領・駐日大使が死去 93歳

モンデール氏

 AP通信など米国の複数のメディアは、カーター米政権の副大統領で、元駐日大使のウォルター・モンデール氏が死去したと伝えた。93歳。

 モンデール氏は、駐日大使時代、1996年の橋本龍太郎首相(当時)とともに、沖縄の米軍普天間基地返還の日米合意を発表した。

 モンデール氏は2016年、琉球新報の取材で、普天間基地返還合意について回顧。橋本首相から電話で普天間の早期閉鎖を要請され、その日の午後には当時のペリー国防長官に電話で打診したという。ペリー氏からは「よし、やろう」との返事だったとし、このことを明日、日本側に伝えてもいいかとの問いにも長官が「イエス」ということだったので、日本側に伝えたと振り返った。

【関連記事】

▼「2日間で返還合意」 モンデール氏、普天間交渉を語る

▼翁長知事、モンデール氏と会談 辺野古移設見直し訴え「勇気づけられた」

▼<普天間返還合意>大田元知事、江田元首相秘書官、デミング元在日米首席公使に聞く(2016年4月12日)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス