経済

沖縄3月失業率4.4%に悪化 20年度求人倍率は0.79、過去最大の下落

 沖縄労働局(福味恵局長)は30日、2020年度平均の有効求人倍率は前年度比0・52ポイント減の0・79倍で6年ぶりに1倍を下回り、過去最大の下げ幅だったと発表した。県が同日公表した20年度平均の完全失業率は同0・8ポイント減の3・6%だった。昨年から続く新型コロナウイルス感染拡大が、雇用に及ぼす影響が明らかになった。

 新規求人数は前年度比29・5%減の9万8314人で、2年連続減少した。産業別では観光需要の減少で、宿泊・飲食サービス業55・4%減、卸・小売業49・0%減、生活関連サービス業・娯楽業41・4%と、大幅に減少した。

 労働局が同日発表した3月の有効求人倍率(季調値)は前月比0・01ポイント増の0・76倍だった。完全失業率(原数値)は前年同月比1・5ポイント増の4・4%に悪化した。21年2月は3・7%だった。

 求人に対して求職者が減少し、新規求人倍率(季調値)は0・21ポイント増の1・51倍だった。新規求人数(原数値)は前年同月比5・5%減の9767人だった。3月は県民を対象にした「おきなわ彩発見キャンペーン」の実施で、宿泊・飲食サービス業で求人が同15・4%増えた。一方、2月末に終了した緊急事態宣言下の営業時間の短縮要請や外出自粛要請の影響が引き続き見られ、卸・小売業で求人が同52・1%減少した。

 新規求職者申込件数(原数値)は前年同月比11・5%増の7411件だった。このうち、離職者は53・3%を占めた。希望退職を募る動きがあったといい、事業主都合は前年同月から13・6%増えた。また、業況が悪くはないが、休業者などで再就職を検討する傾向があり、自己都合は同10・7%増だった。

 福味局長は「まん延防止等重点措置もあり、今後も厳しい状況が続く」として、事業者に対して雇用調整助成金の活用や就職活動が長期化している求職者に対して、職業訓練を活用した職種転換を呼び掛けた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス