くらし

那覇ハーリー中止も報告 コロナ終息と健康を祈願 那覇爬龍船会が「ハーリー御願」

新型コロナウイルスの終息などを祈願する那覇爬龍船振興会の代表者ら=1日、那覇市西の三重城拝所

 那覇爬龍船(はりゅうせん)振興会の浦崎唯昭会長らが1日、那覇市内にあるハーリーゆかりの拝所を巡礼する「ハーリー御願(うがん)」をした。御願は例年、那覇ハーリー開催前にしているが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今年のハーリーは2年連続で中止された。拝所で開催中止を報告するとともに、コロナ終息や人々の健康などを祈願した。

 御願には浦崎会長や本バーリーで競う泊、那覇、久米の代表らが参加した。安里や崇元寺、泊、前島の拝所を巡り、最後は那覇市西にある三重城(みーぐすく)の拝所から豊見城を遥拝(ようはい)した。

 同振興会の仲本興平監事は「多くの市民が楽しみにしていたと思うので、中止になり申し訳ない。新型コロナの終息を願い、来年や3年後の第50回大会の成功につなげていきたい」と話した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス