スポーツ
釣りへ行こう

那覇一文字でタマン爆釣

3日、那覇一文字で71センチ・4.4キロを筆頭に15匹のタマンを数釣した宮平健一さん(左)と仲村賢さん

 宮平健一さんは毎年のように那覇一文字でタマンを爆釣しているタマンハンター。3日もタマンを狙い那覇一文字北の新堤へ朝8時の便で、仲村賢さんと渡った。仕掛けをセットして、午前8時30分から島ダコをエサに仕掛けを投げ入れて、アタリを待った。午前9時に中型のタマンが釣れると、15分後、30分後にタマンが3連続ヒット。

 午前10時に大きなアタリがあり、今までよりパワーのある引きで楽しませてくれたのが、今回最大の71センチ、4.4キロのタマンだった。昼近くはアタリが無くなったが午後6時になると再びタマンが連続ヒット。午後7時ごろまでに2人で合計15匹をヒット。あまりの爆釣に休んでから、夜明け前に竿(さお)を出したら、今回一番の強い引きの魚がヒットしたが痛恨のバラしで釣りを終えた。那覇一文字ではタマンの爆釣シーズンに入ったといえそうだ。那覇一文字渡(電話)098(867)0458 丸沖つりぐ

 2日、琉信ハウジングの10人の皆さんが流し釣りに初挑戦した。前半はルカン礁、慶良間の前島沖などで竿を出したがムルーやナガジューミーバイなどがポツポツしか釣れなかった。帰港前にチービシ沖で竿を出したら、ムルーをはじめ、ナガジューミーバイなどがヒットした。納竿(のうかん)前に岸本圭輔さんが2キロ弱のジセーミーバイを釣り、納竿した。セイブ5(電話)098(995)3117

(おきなわ釣り王国社・仲栄真修)




2日、前島沖の流し釣りでジセーミーバイやナガジューミーバイ、ムルーほかを数釣りした琉信ハウジングのメンバー


3日、石川海岸で57センチ・2.81キロのミーバイと58センチ・1.39キロのコチを釣った稲嶺幸汰さんと満凛さん

4月25日、恩納村で44.5センチ・1.86キロのカーエーを筆頭に4匹のカーエー他を釣った赤嶺潮音さん(左)と比嘉南留晟さん(美海会)

4月30日、那覇一文字で58.1センチ・4.26キロのイラブチャーを釣った神谷紫宜さん


4月28日、宜名真海岸で52.5センチ・2.4キロのアーガイを釣った吉永聡さん

4月29日、慶良間で70.6センチ・4.5キロのタマンを釣った砂川昌克さん


4月19日、西崎一文字でカニを餌に65センチ・4.5キロのマクブを釣った神谷響さん

1日、中城海岸で90センチ・5.77キロのイトヒキアジを釣った喜屋武清茂さん


4月28日、那覇海岸で76センチ・7.33キロのマクブを釣った具志堅翔さん

4月30日、西洲海岸で64センチ・3.63キロのクルバニーアカジンを釣った親里英統さん


釣りへ行こう
関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス