社会

与那原大綱曳2年連続中止 今年も「神事」小綱のみ

2年前の与那原大綱曳=2019年8月4日、与那原町与那原の御殿山青少年広場

 沖縄県与那原町の与那原大綱曳まつり運営委員会(委員長・照屋勉町長)は4日、新型コロナウイルス感染症の影響により、8月7、8日に開催予定だった「第39回与那原大綱曳まつり」を中止すると発表した。昨年に続き2年連続の中止となった。

 照屋町長は「(コロナの)収束の兆しが見えない中、安全性を考えると中止せざるを得ない。町民の皆さんや大綱曳まつりを楽しみにしていた皆さんには大変申し訳ない」と語った。

 一方、同運営委のメンバーで、区長会で構成する与那原大綱曳実行委員会の知念勇吉委員長は同日、8月に実行委のメンバーだけで綱を引くことを明らかにした。実行委は昨年9月に「神事」を目的とした小綱を引いた。今年も昨年と同じ小綱を使用する。知念委員長は「400年以上続く綱曳の継承と町民の無病息災のために、感染防止対策を徹底しながら関係者だけで綱を引きたい」と話した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス