地域

「女性リーダー 各分野に」 「県女性の翼」定時総会 奥村会長ら再任

一般社団法人沖縄県女性の翼の奥村啓子会長(左から6人目)ほか新役員ら=5月22日、那覇市西のロワジールホテル那覇(提供)

 【那覇】男女共同参画社会の実現を目指す一般社団法人沖縄県女性の翼の2021年度定時総会が5月22日、那覇市西のロワジールホテル那覇で開かれた。会長に奥村啓子さん、副会長に垣花悦子さん、崎原末子さんが再任された。

 奥村会長は「県のおきなわSDGsパートナーとして、ジェンダー平等や多様性についての研修を行い、自己研さんはもとより、あらゆる分野への女性リーダーの輩出を目指していく。新役員と共に各事業を推進する」とあいさつした。

 総会では、19年の法人化後に専門委員会を再編成して名称や役割を見直した事業の取り組みや、女性の自立支援を促進する「女性の翼・ОK基金運営委員会」の設置、県のおきなわSDGsパートナーに登録されたことなどが報告された。

 女性の翼結成35周年を記念して、JICA沖縄の倉科和子所長による「活躍する女性たち~JICA活動から見えたもの~」と題した講演もあった。

 同法人では、21年度県女性海外・国内セミナー「女性の翼」38期事業、県内セミナー参加者を募集している。問い合わせは、一般社団法人沖縄県女性の翼(電話)098(917)4677。
 (中川廣江通信員)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス