社会

沖縄市や国頭などに大雨警報 本島地方は午後に1時間50ミリも(6月14日昼)

大雨で水かさが増す川=14日午前10時ごろ、国頭村比地

傘を差して足早に道行く人たち=14日午前、那覇市役所前(喜瀨守昭撮影)

 沖縄気象台は14日正午前、沖縄本島北部の国頭村に大雨(土砂災害)に加え洪水警報を発表した。伊江村にも大雨(浸水)警報を出している。本島北部では土砂災害への警戒を、沖縄本島地方では土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、落雷や竜巻などへの注意を呼び掛けている。

 気象台は、同日午後12時すぎ、沖縄市に大雨(浸水)と洪水警報を、うるま市にも大雨(浸水)警報を発表した。

 沖縄本島地方は、梅雨前線や湿った空気の影響で、大気の状態が非常に不安定となっている。14日昼過ぎから夕方にかけて、1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る見込み。15日正午までの24時間に、多い所で120ミリの雨量が予想される。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス