政治

土地規制法案 採決へ 内閣委 与党きょう強行、成立も

 【東京】自衛隊や米軍基地など安全保障上重要な施設周辺の土地利用を規制する法案を巡り、与党は14日、参院内閣委員会で同日中の採決を提案した。野党は応じず、委員会運営に反発して森屋宏内閣委員長(自民党)の解任決議案を参院に提出した。与党は15日の参院本会議で解任案を否決し、内閣委員会での土地利用規制法案を採決する方針だ。同日中の参院本会議での可決・成立も視野に入れる。

 法案に多くの疑問が指摘される中、与党が採決を強行しようとする姿勢が浮き彫りになった。

 野党は森屋委員長の解任決議案提出のほか、衆議院で15日に内閣不信任決議案を提出する予定だ。いずれも否決される見込みだが、16日の会期末を前に激しい攻防が続く。

 15日は衆参両院の本会議と、森屋委員長の職権で内閣委員会の開催が予定されている。

【関連記事】

▼【図でわかる】土地規制法案とは 本島中部、隙間なく「注視対象」にも



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス