スポーツ

西武・平良 プロ野球新記録達成 開幕連続無失点、33試合に

9回に登板した西武・平良。開幕から32試合連続無失点とし、セ、パ両リーグ新記録を達成=メットライフドーム

 プロ野球・西武の平良海馬投手(21)=石垣中―八重山商工高出=が13日、埼玉県のメットライフドームで行われた中日戦で開幕から32試合連続無失点とし、2リーグ制となった1950年以降ではセ、パ両リーグ新記録を達成した。14日、広島市のマツダスタジアムでの広島戦で33試合に伸ばした。10日のDeNA戦で2016年の田島慎二(中日)の記録、31試合に並んでいた。13日のヒーローインタビューで平良は「うれしい。一試合一試合の積み重ね(が大事)だと思うので、次も頑張ります」と語った。

 平良は13日の中日戦で4―3の九回に登板。先頭に内野安打を許したが、その後は調子を取り戻し、邪飛、2者連続の三振で締めた。

【関連ユース】

▼西武・平良 意識を変えさせた試合とは

▼「もう別次元」平良の新記録に沸く地元石垣

▼【写真特集】東浜、平良、宮城…県出身選手



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス