政治

多良間村長選 伊良皆氏と古謝氏の一騎打ちが確定 20日投開票

 【多良間】任期満了に伴う多良間村長選挙が15日告示され、届け出順に無所属現職で3期目を目指す伊良皆光夫氏(66)と、無所属新人で前村税務会計課長兼会計管理者の古謝政一氏(62)の2人が立候補を届け出て、一騎打ちが決まった。村政の評価や経済振興などが争点で、20日に投開票される。

 14日現在の有権者数は793人(男性440人、女性353人)。

 伊良皆 光夫氏(いらみな・みつお)1955年5月25日生まれ。村塩川出身。JAおきなわ多良間支店金融共済課長や村助役・副村長などを務めた。2013年村長選で初当選した。現在2期目。

 古謝 政一氏(こじゃ・せいいち)1959年4月3日生まれ。村字仲筋出身。88年に多良間村役場採用、観光振興課長や税務会計課長兼会計管理者を歴任した。2020年3月に定年退職。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス