スポーツ

女子バスケ東京五輪、安間は日本代表逃す

安間志織

 日本バスケットボール協会が1日午前、東京五輪に臨む女子日本代表12人を発表し、県勢の安間志織(北谷中―福岡・中村学園女子高―拓殖大出、トヨタ自動車)は落選した。ポイントガードの安間は昨季のWリーグプレーオフで最優秀選手(MVP)に選ばれ、代表の最終候補16人にまで残っていたが、五輪初出場にはあと一歩届かなかった。
 アシスタントコーチ(AC)には県出身であるトヨタ紡織コーチの知花武彦氏が入った。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス