社会

台風6号の強風被害か 住宅の外壁はがれる 宜野湾市普天間

2階のひさし側壁の一部がはがれた住宅=24日午前10時半ごろ、宜野湾市普天間

 23日午後7時半ごろ、宜野湾市普天間で「隣の建物の外壁が崩れている」と119番通報があった。宜野湾署によると、住宅2階のひさしの側壁が、縦約50センチ、横約5メートルにわたって部分的にはがれた。同署は台風の強風による影響とみている。人的被害はない。

 通報した50代の隣人男性によると、23日午後7時半ごろ、「ガシャン」という音が聞こえたという。自宅の外に出ると地面に外壁が落ちていたという。男性は「自宅の屋根にも破片が落ちている。もっと重いものなら危なかった」と話した。


ひさし側壁の一部とみられる落下物=24日午前10時半ごろ、宜野湾市普天間


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス