社会

「県警の主張をコピペ」原告ら憤り ヘリパッド機動隊派遣訴訟、地裁判決

判決後の集会で、機動隊派遣の違法性を訴える原告の北上田毅さん(右端)=20日、那覇市

 米軍北部訓練場のヘリパッド建設に伴う機動隊派遣を巡る住民訴訟で、住民側の訴えを退けた20日の那覇地裁判決。原告や支援者からは「国家主導でやったことが、沖縄の問題にすり替えられている」などと憤りの声が上がった。

 「県警の主張を“コピペ”した判決だ」。原告の北上田毅さんは判決後の集会で語気を強めた。裁判では、米軍北部訓練場のN1地区ゲート前に市民が設置したテントを撤去するなど、機動隊員らの活動の違法性を訴えた。だが判決はこれらの活動が適法だったかどうかに触れず、「警備の目的が工事の推進・援助にあったとまで認めるに足りる的確な証拠はない」とした。

 住民側代理人の日高洋一郎弁護士は、県の支出は適法とした判断を「詭弁(きべん)だ」と批判。「ヘリパッド建設は国の事業だ。機動隊派遣は国策の遂行を手助けしたと評価すべきだ」と述べた。




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス