政治

在沖海兵隊「抗議は受け付けない」 PFAS汚染水放出で沖縄県、宜野湾市に

在沖米海兵隊に抗議の意志を伝えた後、取材に応じる謝花喜一郎副知事=27日夕、キャンプ瑞慶覧第1ゲート前

 在沖米海兵隊が有害な有機フッ素化合物(PFAS)汚染水を独自に処理した上で公共下水道に流した問題で、沖縄県が27日、海兵隊に抗議を申し込んだところ、海兵隊は「抗議は受け付けない」と回答した。意見交換なら受け付けるとし、謝花副知事が意見交換の形でキャンプ瑞慶覧を訪れて海兵隊太平洋基地政務外交部長のニール・オーウェンズ大佐と面談し、抗議の意志を伝えた。

 27日夕の面談後、謝花副知事が報道陣の取材に応じて明らかにした。玉城デニー知事は27日朝の記者会見で「放出は大変遺憾で、米軍関係機関への抗議・要請を調整している」と説明していた。

 謝花副知事は、オーウェンズ大佐に「自然界になく、廃止の方向に動いているものが放水されることに大きな不安を持っている」と訴え、「今後は日米両政府できちんと協議してほしい」と求めた。

 謝花副知事によると、海兵隊側から明確な謝罪の言葉はなかった。

 謝花副知事は取材に対して「我々は(下水道への放出を)認めるわけではない。焼却処分すべきだと思っている」と強調した。

 宜野湾市によると、海兵隊は市にも同様に抗議は受け付けない意向を伝えた。



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス