社会

名護市の小中学校、9月1日からは分散登校やオンライン学習

 【名護】名護市教育委員会は27日、市内の小中学校について9月1日から休校はせず、分散登校やオンライン学習を実施することを決めた。学校の規模に応じて各校の判断する。

 教育委員会の担当者は「子どもたちの学びを保障するため」と説明している。同市では夏休み明けの8月24日から31日まで臨時休校をしていた。

【関連ニュース】

▼沖縄8市町村で休校延長 小中、2市町は分散登校 コロナ感染拡大に対応

▼「子や家族守れない」 コロナ下で学校再開に保護者、教員から不安の声

▼沖縄、県立学校の分散登校を継続 1日以降、状況応じ休校も




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス