地域

地域見守り260年…巨木アカギ、台風で折れる 一部処分へ うるま市

 【うるま】沖縄県うるま市高江洲で260年前からあったと伝えられるアカギの巨木が、7月下旬に接近した台風6号の影響で幹の途中から折れた。折れた部分を後日処分する。高江洲自治会の島袋敏子会長は「この地区をずっと見守ってくれていた木だ」と感謝した。


台風の影響で折れたアカギに感謝する高江洲自治会の島袋敏子会長=5日、うるま市高江洲

 アカギは、高江洲小学校や中学校近くの拝所「ヨーナガーの殿」内に生えている。地域の高齢者も小さいころに、遊んだり休憩したりした場所でもある。

 台風接近中、近くの住民が「ばりばり」と大きな音が鳴ったのを聞き、外を見ると、木が幹の途中から約15メートルの長さにわたり折れていたという。

 自治会の島袋会長は「残念だが、木にも寿命はあるので仕方がない。これまで高江洲を見守ってくれてありがとう」と話した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス