スポーツ
東京パラリンピック・沖縄県勢選手の情報

二つの銅メダル「応援が力に」上与那原選手が帰沖 東京パラ陸上車いす

支援者の子どもたちから祝福を受ける東京パラリンピック銅メダリストの上与那原寛和選手=30日夜、那覇空港

 東京パラリンピックの陸上男子車いすT52の400メートルと1500メートルで銅メダルを獲得した上与那原寛和選手(50)=SMBC日興証券=が30日夜、沖縄県の那覇空港に到着した。関係者の出迎えを受け、「(メダルが取れて)ほっとしている」と晴れやかな表情で応えた。

 同日午前に都内で記者会見に臨み、帰路に就いた。二つの銅メダルを首から下げて空港ロビーに姿を見せ「いろいろな方の応援がなければ取れなかった。(2種目で銅も)狙ってはいたが自分でもびっくりだ」と達成感をのぞかせた。今後のパラリンピックについて記者に問われ「パリ、そしてその次ももちろん(狙う)。まだ金メダルは取れていないので」と目標を語った。

 後援会は空港でのセレモニーは行わず、支援者とその子どもらで出迎えた。手作りのメダルと交換で、銅メダルを掛けてもらった川端悠翔(ゆうと)さん=高原小5年=は「すごく重いけど、うれしい」と本物のメダルを見つめていた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス