社会

台風14号、沖縄地方で大しけも 先島で11日から暴風恐れ(9月10日午前5時現在)

気象庁が発表した10日午前6時現在の台風14号の進路予想図

 猛烈な台風第14号は、10日3時にはフィリピンの東の北緯16度35分、東経124度55分にあって、1時間におよそ20キロの速さで西北西へ進んでいる。中心の気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は75メートルで、中心から半径85キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。また、中心から半径165キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 台風第14号は今後進路を次第に北西に変え、12日から13日にかけて沖縄地方に接近する見込み。

 沖縄地方の沿岸の海域では、10日からうねりを伴い波が高まり、11日からしけや大しけとなる見込み。台風の進路によっては先島諸島で、11~12日にかけて暴風となり、沿岸の海域は大しけとなるおそれがある。沖縄気象台は、早めの対策をするよう呼び掛けている

【関連ニュース】

▼【写真特集】沖縄、過去の最強台風を振り返る

▼今年の沖縄は猛暑日ゼロ 南国なのになぜ?

▼沖縄にもあった!ウユニ塩湖のような風景

▼【昨年の旧盆直撃】倒壊、横転…台風9号、各地の様子



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス