社会

ビーチ上空を軍用機が低空飛行で旋回「これまでで一番低い」 座間味村阿嘉島

波打ち際で海水浴をする人もいる中、低空飛行する軍用機とみられる機体=10日午後2時20分ごろ、座間味村阿嘉の北浜ビーチ(提供動画から)

 【阿嘉島=座間味】軍用機とみられる大型機の低空飛行が10日午後2時20分ごろ、沖縄県座間味村阿嘉島の北浜(にしばま)ビーチで確認された。高度はわずか数十メートルとみられ、目撃者は「これまでで一番低いと思う」と強調した。

 目撃者によると、機体は「ビーチの裏から飛んできて、横切ったような感じだった」。ビーチの上を2度旋回した後、3度目はさらに低い位置で飛行し、北へ向かったという。

 ビーチでは遊泳者や波打ち際で遊んでいる人もいた。目撃者は「8月ごろから低空飛行が目立つようになった。危ないのでやめてほしい」と訴えた。



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス