地域

沖縄最古の映画館「首里劇場」で友の会結成 イベント運営支援

首里劇場を背にポーズを決める金城政則館長(左から3人目)と首里劇場友の会のメンバー=那覇市首里大中町

 【那覇】県内で営業する最古の映画館「首里劇場」(那覇市首里大中町)を応援する「首里劇場友の会」の結成記念上映会がこのほど、同劇場で開催された。オムニバス映画「RUN! ―3films―」を上映した。

 1950年開館の首里劇場は芝居小屋・映画館として親しまれ、70年代からは成人映画を中心に上映していた。今年5月に名画座として再出発した。一人で劇場を運営する金城政則館長を支援し、劇場を後世に残そうと、有志が5月に友の会を結成した。劇場の収益になるイベントの開催などに取り組む。

 「RUN!―」は売れない役者が現実と幻想の世界を疾走する様子などを描いた作品で、数々の映画祭で受賞した。

 観客は勢いのある演技や趣のある劇場の雰囲気を楽しんだ。

 金城館長は「(広くて客が少ないので)ソーシャルディスタンスになり新型コロナに強い劇場だ」とアピールした。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス