地域
沖縄の新型コロナウイルス最新情報 沖縄ワクチン情報まとめ

「接種証明バンド」飲食店に配布を 宮古島の業者ら市に要請

座喜味一幸市長(前列中央)に要請文を手渡す宮古島社交飲食業組合の奥平玄信組合長(同左)ら=13日、宮古島市役所

 【宮古島】宮古島社交飲食業組合(奥平玄信組合長)は13日、新型コロナウイルス感染防止とワクチン接種加速、飲食業支援の一環として、ワクチン接種を2回済ませた飲食業従事者を対象に、接種証明としてリストバンド配布の検討を市に要請した。

 奥平組合長らが同日、市役所で座喜味一幸市長に要請文を手渡した。

 奥平組合長は緊急事態宣言の度重なる延長で窮地に追い込まれている飲食業界の状況を説明した。「店舗再開の見通しも立たないままで、長引く休業要請に絶えきれず要請を無視して開店する店も増えてきている」と指摘した。

 奥平組合長は若者の中にはワクチン接種を拒否する人もいるとして、リストを配布することで「ワクチン接種加速にもつながり、従業員も安心できる。コロナ対策をきちんととっている店としてお客も安心できる」として検討するよう求めた。

 座喜味市長は「リストバンド導入も一つの案」とした上で「皆さんの苦しみは非常によく分かる。感染拡大をさせないよう、飲食業をはじめ経済をどう回すか。皆さんと意見交換しながら速やかに対応したい」と応じた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス