政治

沖縄知事、米軍汚染水処理「前進あった」 立ち入り調査の必要性強調

本紙の取材に応える玉城デニー知事=17日、那覇市の県庁

 米軍普天間飛行場に有機フッ素化合物(PFAS)を含む汚染水が残留している問題で、国が未処理廃水の引き取りと処分を発表したことを受け、玉城デニー沖縄県知事は17日、「今回の処置で一歩前進があった」とコメントを発表した。

 一方で、普天間飛行場以外の在沖米軍施設でPFOSなどを含む汚染水が保管されていることや、普天間・嘉手納両飛行場への立ち入り調査の必要性にも触れ「引き続き、市町村とも連携しながら対応する」と強調した。

 コメント発出前には琉球新報の取材に答え、「一義的には米軍が(処理を)行うべきだが、日本政府もしっかり責任を持つということなので、県としても了としたい」と話した。



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス