スポーツ

高校野球の県秋季大会、準決勝まで一般客の入場認める 検温や問診票の条件付き

 沖縄県高野連は12日、開催中の第71回県秋季大会について、16、17日実施予定の準々決勝、準決勝の一般客入場を認めると発表した。両日とも第1試合は午前10時開始で、一般チケットの販売は午前9時から。入場者には、検温や問診票の提出を義務づけており、間隔を空けての観戦や声援禁止など、感染症対策を呼び掛けている。

 両日とも外野席の販売はしない。コザしんきんスタジアムのメインスタンドが7260席、タピックスタジアム名護が5300席で各球場の半分を目安に、観客を受け入れる。準々決勝は2球場で、準決勝以降はコザしんきんスタジアムで行われる。23日の決勝の観客受け入れについては準決勝後に対応を決定する。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス