経済

テスト販売で即完売!沖縄県産アセロラ100%のクラフトジン 石川酒造場が限定販売

「アセロラ クラフトジン」をPRする石川酒造場の平良昭社長(右)と、アセローラフレッシュの並里康次郎社長=5日、那覇市泉崎の琉球新報社

 石川酒造場(西原町、平良昭社長)は、県産アセロラを100%使用した「アセロラ クラフトジン」を数量限定で発売する。昨年のテスト販売では即完売となった人気商品で、同社は早期の購入を呼び掛けている。

 農業生産法人「アセローラフレッシュ」(本部町、並里康次郎社長)が、糸満市と本部町で生産した農薬不使用のアセロラを使用し、県産グアバ、マルベリー、カモミールなど全9種類の果実やハーブを加え華やかな風味が味わえる。500本の限定生産。45度500ミリリットル入りで税込み3819円。イオンリカーライカム店(北中城村)やLIQUID(リキッド、宜野湾市)などで販売する。

 平良社長は「飲むと口の中で香りが広がり、余韻を楽しむことができる。ストレートでも炭酸割でもおいしい」とPR。並里社長は「捨てられていた果皮を有効利用し、アセロラの魅力を進化させた飲料。生産者としてとてもうれしい」と話した。問い合わせは石川酒造場(電話)098(945)3515。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス