くらし

母子家庭の就労支援 リトルワンズ、県内外9社と連携

リトルワンズの小山訓久代表理事(中央)のシングルマザー支援事業に協力する各企業の代表者ら=17日、那覇市小禄の沖縄産業支援センター

 シングルマザーのキャリア支援を目的としたオリオンビール奨学財団の助成を受ける、東京都のNPO法人リトルワンズ(小山訓久代表理事)は17日、那覇市小禄の沖縄産業支援センターで会見し、支援事業の概要を発表した。助成を受けて実施する事業は2021~23年度の3年間。協力する企業の代表も参加し、シングルマザーの就労環境改善への抱負を語った。

 オリオンビール奨学財団は4月、休眠預金を活用した助成の対象に、シングルマザーのキャリア支援に取り組む4団体を選定した。4つのうち、リトルワンズは県内外の9企業と連携し、技術を学ぶ場所を提供したり、就職に必要な車を安価でリースしたりして、就職しやすい環境づくりを手伝う。会見でリトルワンズの小山代表理事は「沖縄の母子家庭を支援するために多くの企業が集まった。それぞれ分野が異なり、ロールモデルになる。事業を通して、議員などへ施策の提言も予定している」とあいさつした。

 協力企業はリゾートホテルを運営するカヌチャベイリゾート(名護市)、小売業のイオン琉球(南風原町)、コールセンターや人材派遣などを実施する日本トータルテレマーケティング(東京都)、タクシーやバス事業を提供する沖東交通(西原町)、有料老人ホームなどを運営するベストツール(浦添市)、ウェブなどの制作を手掛ける琉球DigiCo(那覇市)、美容関係の技術を提供するカリオヤ(那覇市)、不動産業のレキオス(那覇市)、レンタカーやカーリース事業を手掛けるアイ・ティ・エス(東京都)。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス