教育

沖縄の県立高特支、初回倍率は1.42 中部農林が2.4で最も高く

イメージ写真

 沖縄県教育委員会は18日、2022年度県立高等特別支援学校の初回志願状況を発表した。5校11学級の定員110人に156人が志願し、志願倍率は1・42倍だった。

 学校別では中部農林高等支援学校が最も高く2・4倍だった。沖縄高等特別支援学校は0・96倍、陽明高等支援学校は1・8倍、南風原高等支援学校は1・85倍、やえせ高等支援学校は1・1倍だった。

 志願変更の申し出は24、25の両日、志願先の学校で午前9時から午後4時まで受け付ける。

 入学願書取り下げや再提出は12月1、2の両日に午前9時から午後4時まで受け付ける。

 最終志願状況は12月3日までに県教委のホームページで発表する。




関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス