社会

【速報】沖縄コロナ225人、前日より95人急増 米軍も164人(1月4日午後)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 沖縄県は4日、県内の新型コロナウイルスの新規感染者が225人だったと発表した。200人を超えたのは昨年9月16日以来。前日の3日には、3カ月半ぶりに100人を超える130人を記録したばかり。前週の火曜日は29人だったが約8倍と急拡大している。新規感染者の累計は5万1120人。

▼【ひと目で分かる】沖縄のコロナ感染状況

 年明け3日間で県内の新規陽性者は458人となり、感染が急拡大している。

 また、在沖米軍関係者の感染が新たに164人確認された。前日は16人で、年末年始の4日間の合計は583人。非常に高い水準で推移している。米軍関係者の累計は3863人となった。

 保健所管内別では、那覇市38人▽北部40人▽中部62人▽南部50人▽宮古29人▽八重山2人。年末までは沖縄本島中部が突出していたが、那覇市をはじめ沖縄本島全域、宮古島などにも広がっている。

 県内の直近1週間の人口10万人当たり新規感染者は4日時点で38.99、3日時点で25.79と右肩上がりで増えており全国1位。3日時点の全国平均は2.53で2位は米軍岩国基地関係者らの感染が拡大している山口県の9.73、3位は群馬県の6.08。

 宮古島市の10万人あたりの感染者は102.52と100人を超えた。

 自宅療養中は57人(前日55人)。入院調整中212人(前日83人)と一気に2.5倍に。入院中は129人(前日116人)。そのうち中等症は57人(前日56人)で、10日連続20人を超えた。重症者は0人だった。

 

 


【関連ニュース】

▼オミクロン株、沖縄本島中南部で主流に 感染者1週間で26倍

▼オミクロン株2種同時流行か クラスター発生の沖縄米軍

▼それでもノーマスク米兵が街へ…「問題ない」

▼米軍の検疫、韓国とはこれだけ違う

▼ランチでドライブで披露宴で…陽性者が急増する沖縄のコロナ感染7例



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス