社会

沖縄コロナ1236人感染 米軍は2日で計528人(1月21日午後)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 沖縄県は21日、新たに1236人(前日1309人)の新型コロナウイルス陽性を確認したと発表した。前週金曜日の1596人より360人少ない。累計は7万3047人。

▼【ひと目で分かる】沖縄のコロナ感染状況

 在沖米軍関係は20日に317人、21日に211人の計528人の新規陽性者を確認したと報告があった。累計は8481人で、一気に8000人を超えた。

 米軍を除いた県内の入院・療養調整中は1778人(前日2011人)、宿泊施設療養は388人(前日372人)、自宅療養は8543人(前日8576人)、入院は387人(前日367人)で、そのうち重症は前日と同じ6人、中等症は20人増え222人だった。合計では1万1096人が新型コロナウイルスで療養中となっている。

 病床使用率は60.2%、重症者用の病床使用率も39.0%となった。

 前日時点での直近1週間の人口10万人当たり新規陽性者数は630.66人。2位大阪府の342.29を大きく引き離して全国ワーストが続いている。


 

【関連ニュース】

▼沖縄の感染拡大「実態反映していない可能性」 厚労省会議・脇田座長 

▼沖縄コロナ、最大900人が「大阪の感染者」扱いに なぜ?

▼「陽性者、見つけた時には家族も…」オミクロン短すぎる潜伏期

▼「自ら検査、オンライン診察」沖縄県が新構想 医療ひっ迫で

▼病院に陽性者から電話続々「逼迫要因、やめて」

▼ランチでドライブで披露宴で…沖縄のコロナ感染7例

▼病床使用率は緊急事態レベル…宣言適用に慎重な理由



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス