地域

シーサーが守り神?ビッグなパパイヤ1本に10個! 与那原

大きなパパイヤの実を手にして喜ぶ新垣文男さん=2月10日、与那原町上与那原の兄・信一さん宅の庭

 【与那原】元与那原町長の新垣信一さん(71)宅の庭に植えた1本のパパイヤの木に、大きな実が10個ほどなって本人はじめ弟の文男さん(63)も熟するのを心待ちにしている。

 信一さんが昨年5月に苗を買って庭に植え、乾燥しないようにと夏場は頻繁に水をまいて育てていた。10月ごろから花が咲き始め、成長するにつれて次々と実を付けて最初のパパイヤは幅20センチほどになった。

 それを目にした文男さんは「もらいに来るから熟するまで、そのままにして」とお願いをして、熟するのを楽しみにしている。

 パパイヤの前のコンクリートの上には、目がぱっちりで口を開けたシーサーが置かれ、害虫を一歩も寄せ付けない雰囲気。信一さんは「このシーサーがパパイヤを害虫から守ってくれているに違いない」と、シーサーに心を寄せて喜んでいた。

 (知花幸栄通信員)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス