人事・訃報

照屋寛徳氏が死去 前衆院議員、社民党副党首も歴任 76歳

照屋寛徳氏

 衆参両院で通算24年にわたり国会議員を務めた前衆院議員の照屋寛徳氏が15日午後1時42分、西原町の病院で死去した。死因は胃がん。76歳。うるま市出身。

 不戦や護憲を訴え続け、参院議員1期、衆院議員6期を務めたほか、社民党で国対委員長や副党首を歴任した。「ウチナーの未来は、ウチナーンチュが決める」との信念を掲げ、保革を問わず幅広く支持を広げた。通夜や告別式は未定。
 
 照屋氏は1945年7月24日に、サイパンの米軍捕虜収容所で出生。前原高、琉球大法文学部を卒業し、沖縄が日本に復帰した72年に弁護士登録。嘉手納爆音訴訟、家永教科書裁判などの弁護団に加わり、刑事事件で7件の無罪を勝ち取るなど人権派弁護士として奔走した。
 
 1988年に県議に初当選し、2期務めた。95年の参院選で当選し、国政に転身。2期目を目指した2001年に落選したものの、03年の衆院選で当選し、沖縄2区で社民党の議席を6期連続で守り続けた。昨年10月の衆院選に立候補せず、引退した。
 
 国政の場では米軍の事件・事故が相次ぐ沖縄の現状を問い続け、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設計画にも一貫して反対した。「沖縄戦の悲劇を繰り返してはならない」との思いで護憲を訴え続けた。
 
 社民党県連代表で県議の照屋大河氏は長男。


【関連記事】

▼「ウチナーンチュが国策の犠牲にされてはいけない」生前に語ったこと

▼友人が大やけど…理不尽な米軍支配を感じた高校時代の照屋さん

▼社民唯一の議席継ぐ 初当選の新垣さん「駄目なものは駄目と訴えたい」

▼「沖縄の不条理今も」コザ騒動4被告の元弁護団・照屋寛徳さん、裁判振り返る




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス