教育

育てたサトウキビで黒糖、北農高の生徒が販売 名護・羽地の駅

「羽地の駅」に特設されたブース前で黒糖をPRする北部農林高校の生徒ら=10日、名護市真喜屋

 「黒糖の日」の10日、北部農林高校熱帯農業科の生徒6人が、名護市の羽地の駅で、学校の農場で栽培したサトウキビで製造した黒糖を販売した。地域の人々が袋詰めされた純黒糖を買い求めた。

 販売した純黒糖は生徒らが農場で育て、濃縮し袋詰めまでしたという。生徒らは販売ブースを駐車場の一角に設置し、手作り純黒糖をPRした。

 販売した當眞奨也さん(17)は「黒糖はいろんなことに応用できる」と説明した。
 (名護)



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス