スポーツ

FC琉球・喜名監督コロナ濃厚接触疑いでベンチ入りせず 14日栃木SC戦

サッカーJ2のFC琉球は14日、喜名哲裕監督が新型コロナウイルスの濃厚接触疑いで、14日午後7時から沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムで行われる栃木SC戦でベンチ入りしないと発表した。倉貫一毅ヘッドコーチが指揮を執る。

喜名監督の関係者に14日、発熱症状があり、陽性判定を受けた。喜名監督はPCR検査で陰性が確認されているが、Jリーグのガイドラインに沿ってベンチ入りしない。チームは抗原定性検査で陰性が確認されたメンバーで試合に臨む。



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス