スポーツ

キングス準決勝進出、秋田に77-56 BリーグCS

キングス―秋田 第2クオーター、3点シュートを決めたキングスの小野寺祥太(中央)とプレイの切れ間にタッチをかわす今村佳太(右)と岸本隆一=14日、沖縄市の沖縄アリーナ(小川昌宏撮影)

 プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングス(西1位)は14日、沖縄アリーナで秋田ノーザンハピネッツ(東5位、ワイルドカード)とチャンピオンシップ準々決勝第2戦を行い、77―56で快勝した。2連勝で準決勝進出を決めた。

 キングスは前半、徐々に外角からのシュート精度が上がり、3点弾9本と効率的に加点した。守りも立ち上がりから修正し9失点にとどめて一気にリードを広げた。

 秋田が第3クオーター(Q)に入って強度の高い守備から攻勢を仕掛け、2桁あった点差を1桁まで縮めてきたが、キングスは第4Qに再び3点弾を連発し、圧倒した。

 準決勝は同会場で21日から。東京アルバルクと島根スサノオマジックの勝者と戦う。



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス