社会

1972年の日本復帰当日の朝刊1面を復刻 琉球新報 「変わらぬ基地」問う

1972年5月15日付の1面を復刻した琉球新報「復帰50年特別号」

 琉球新報は、沖縄の日本復帰50年を迎えた5月15日付朝刊で「復帰50年特別号」を発行しました。そこでは1972年5月15日付本紙1面を復刻しました。

 横の主見出しは「変わらぬ基地 続く苦悩」と付け、当時の本紙と同じにしました。50年前の「復帰」当時からあえぎ続ける、沖縄の変わらぬ現状を読者と共に再認識することが狙いです。当時の縦見出し「いま祖国に帰る」は「いま日本に問う」とし、米軍基地がいまだに集中する沖縄から問題を提起しています。また特別号では県民50人が描く未来の沖縄像も紹介しています。

【関連記事】

▼沖縄「平和な島」遠く…きょう復帰50年 基地集中、今も

▼【写真特集】カラーでよみがえる復帰前の沖縄

▼あの巨大な表札「沖縄県庁」設置は一大プロジェクトだった 石探しから運搬まで…携わった職員の思い

▼沖縄の復帰式典は「お祝い」なのか?主催者の回答は...【WEB限定】

>復帰50年の関連記事はこちら



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス