社会

広告の未来、沖縄で議論 全広連大会あす開幕

 第70回全日本広告連盟(全広連)沖縄大会が19日、沖縄市の沖縄アリーナを主会場に開幕する。20日まで。沖縄の復帰50年の節目に新聞やテレビ、ラジオなどのマスメディアや広告業関係者ら約690人が参加し、広告の課題を共有して未来に向けた在り方などについて議論を深める。

 大会は全広連と同大会組織委員会が主催。沖縄での開催は1992年の第40回以来30年ぶりの開催となる。テーマは「広告で未来を明るく!ようこそ南の島の広告祭へ」。

 例年は全国から1千人を超える参加者が集まるが、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、オンラインとの併催となった。期間中は合計約690人が参加する予定。

 19日に式典が開かれ、全広連日本宣伝賞や鈴木三郎助全広連地域広告大賞の贈賞を行う。トークセッションでは、元ボクシング世界王者の具志堅用高氏やお笑いコンビガレッジセール、うちな~噺家の志ぃさー氏が参加する。沖縄バスケットボールの木村達郎社長による記念講演も実施される。

(小波津智也)

※別刷り12ページの全広連開催記念特集は、下記の紙面ビューアーからご覧になれます。閲覧には「琉球新報デジタル」プランへの加入が必要です。
https://digital.ryukyushimpo.jp/?view_cd=20220518B



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス