社会

一般外来の休止、6月6日まで延長 新型コロナ急拡大 県立宮古病院

県立宮古病院

 【宮古島】宮古島市の県立宮古病院(岸本信三院長)は23日までを予定していた一般外来の休止を6月6日まで延長する。同病院ホームページで発表した。

 宮古病院は新型コロナウイルスの感染急拡大を受けて10日から一般外来は原則、電話診療となっている。がんや急性期疾患を除いた手術、検査の延期も継続する。
 (佐野真慈)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス