くらし

手足口病が増加、沖縄で流行警報 6年ぶり発令 直近1週間で674人

沖縄県庁(資料写真)

 沖縄県は27日、県内で手足口病の患者が増えているとして、流行警報を発令した。発令は6年ぶり。直近7週間(4月4日~5月22日)の患者数は674人で、年齢別では1歳が267人(39・6%)で最も多く、次いで2歳が192人(28・5%)、6カ月以上12カ月未満が84人(12・5%)、3歳が74人(11・0%)、4歳が27人(4・0%)。

 16~22日の保健所別定点医療機関当たりの患者報告数は那覇市保健所が6・57で最も多く、次いで中部保健所が5・92、南部保健所が5・5、宮古保健所が3・5、八重山保健所が1・5。北部保健所管内では現在報告はないものの、今後注意が必要としている。

 手足口病は口の中や手足に発疹が見られ、発熱を伴う場合もある。

(嶋岡すみれ)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス