教育

沖縄の小6と中3の正答率、各教科で全国平均下回る 全国学力テスト

イメージ

 文部科学省は28日、全国の小6と中3を対象に4月に実施した全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果を公表した。沖縄県内の小6・中3は国語、算数・数学、理科の各教科で全国平均正答率を下回り、全国で最も低い正答率となったが、前回調査からの下げ幅は全国も同じ傾向にあり、中3の数学・理科を除いて全国並みの結果だった。識者は、新型コロナによる学校生活や学習習慣への影響も指摘している。

 中3の数学は全国を9・4ポイント下回った。理科は5・3ポイント下回った。文科省は、全国並みの基準として「上下5ポイント以内が目安」としている。

 県内小学生の国語の平均正答率は63%で、全国平均の65・6%を2・6ポイント下回った。算数は59%で、全国の63・2%を4・2ポイント下回った。理科は61%で、全国の63・3%を2・3ポイント下回った。県内小6は、2014年に国語と算数を合わせた平均正答率が最下位を脱出し、近年は中~上位で推移していた。

 県内中学生の国語の平均正答率は64%で、全国の69%を5・0ポイント下回った。数学は42%で全国51・4%を9・4ポイント下回った。理科は44%で全国の49・3%を5・3ポイント下回った。

 県内では昨年度、「重症化しにくい」と言われていた子どもへの新型コロナ感染拡大が深刻化し、学校PCR検査事業が導入された。今年1月には検査体制がひっ迫し検査を受けられず、子どもも教職員も長期間登校できないケースが頻発した。
(嘉数陽)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス