スポーツ

空手発祥の地に2000人超が集結 沖縄空手世界大会が開幕

沖縄空手世界大会の開会式で選手宣誓する4人の選手=1日、那覇市の県立武道館アリーナ(大城直也撮影)

 27カ国から2千人超が発祥の地に集結した第2回沖縄空手世界大会・第1回沖縄空手少年少女大会(主催・同実行委員会、県、沖縄伝統空手道振興会)が8月1日、開幕した。那覇市の県立武道館で行われた開会式では、上地流系、那覇手系、首里・泊手系、古武道の4選手が「日ごろの鍛錬の成果を十分に披露する」と選手宣誓を行い、先人たちが育み磨いてきた技と心を継ぎ、国内外の空手家同志の交流で発展させていくことを誓った。

 開会式を前に、豊見城市の沖縄空手会館で、県指定無形文化財「沖縄の空手・古武道」保持者7人による奉納演武も行われた。

 両大会とも県内予選を終えており、2日午前9時30分から始まる少年少女大会の上地流系の海外・県外・県内離島予選を皮切りに7日までの期間中、少年少女は4部門19種目、一般は5部門40種目の競技が行われる。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス