社会

軽便鉄道転車台を公開 那覇市 旧泉崎バスターミナル

旧泉崎バスターミナルで出土した転車台を視察する関係者ら=27日、那覇市旭町

 那覇市旭町の那覇バスターミナル地区で戦前の県営鉄道(軽便鉄道)那覇駅に設置されていた転車台(ターンテーブル)が出土し、市街地再開発事業を進めていた旭橋都市再開発は27日、転車台が発見された現場を公開した。

 旭橋都市再開発によると、転車台が発見されたのは旧泉崎バスターミナルのモノレール旭橋駅付近で、バス停に設置されていた屋根の基礎部分を撤去しようとした際に見つかったという。
 公開された転車台は、車両の方向を変える物で、直径約8メートルの赤煉瓦(れんが)で作られ、円の中心には回転する際の軸として使われていたと思われる楕円(だえん)形の石灰岩があった。市文化財課の内間靖主幹は「当時の鉄道や交通環境を表すもので非常に価値がある」と話し、旭橋都市再開発と協議しながら発掘調査を進めていくという。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス