経済

おにぎりギネス挑戦へ 県内外食16社

第1回沖縄飲食合同運動会を開催する田野治樹さん(中央)ら事務局メンバー=26日、琉球新報社

 県内の外食企業16社115店舗が一堂に会する第1回沖縄飲食合同運動会が、11月15日に宜野湾市立体育館で開かれる。業界全体の活性化を目指そうと初めて企画し、回グループやりょうじグループ、JCCなどが参加。各社対抗のアームレスリングやリレーのほか、従業員や家族など当日千人参加を目標に「おにぎり作り」世界記録682個の更新に挑む。

 「生け簀(す)の銀次」などを運営するみたのクリエイトの田野治樹社長が「慢性的に人手不足の外食産業だが、どの店舗もスタッフのことを考えている。楽しいことを持ち寄って全員で面白いことをしたい」と業界横断の運動会を提起した。
 ギネスブックの世界記録に挑むおにぎり作りは、沖縄食糧が米飯を提供する。アジアに飲食店を展開するえんグループの又吉真由美代表は「同業他社が集まるのは沖縄らしいし、飲食業界だけでなくメーカーなどの協賛が支えている」と語った。
 運営や協賛に関する問い合わせは事務局(エドワードペンシル内)(電話)098(988)3158。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス