地域

“迷鳥”コハクチョウ3羽が飛来 粟国島で初確認 沖縄

初観測されたコハクチョウ=11月4日、粟国村内(四方正良氏撮影)

 【粟国】粟国島で4日、初めてコハクチョウ(カモ目カモ科ハクチョウ属コハクチョウ)が3羽(成長2羽、幼鳥1羽)確認された。冬季に迷鳥として沖縄にまれに渡来する。

 あぐに野鳥友の会の四方正良会長は「ここ4、5年続けて渡り鳥の粟国島初確認、初記録がある。野鳥に関心を持つ村民も多く、見たことのない鳥がいると連絡をいただけることが多い。野鳥を驚かせないよう近づき過ぎず遠目で観察を続けたい」と話した。

(大城智恵通信員)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス