社会

米外来機飛来禁止求める 嘉手納町議会が防衛局に抗議

米軍外来機の嘉手納基地への飛来禁止などを求め、井上一徳局長に(右)に要請文を手渡す嘉手納町議会の徳里直樹議長(左)=29日午後、沖縄防衛局

 【嘉手納】嘉手納町議会の徳里直樹議長らは29日午後、沖縄防衛局を訪れ、米国のF16戦闘機の嘉手納基地への暫定配備と、CV22オスプレイの県内訓練場使用について抗議した。抗議では、米軍外来機の嘉手納基地への飛来禁止、州空軍所属機の訓練中止、航空機騒音の軽減、負担軽減の実施を求めた。

 徳里議長は、米州空軍の配備展開について「数カ月ごとの配備で、住民への負担が明らかに増えている。こうした状況が常態化しないよう配慮してほしい」などと述べた。
 対応した井上一徳局長は「地域住民の皆さんへの影響が最小限になるよう米側に働き掛けたい」と述べた。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス