社会

沖縄本島の一時大規模停電、原因は石川火力発電所の設備に不具合 20市町村約3万9000戸、信号機50基も停電 全て復旧

 1日午後3時10分、沖縄本島各地で停電が発生した。沖縄電力のホームページによると、約3万9千戸で停電した。午後3時27分までに解消した。沖電が電力を購入している電源開発の石川石炭火力発電所1号機の発電設備で不具合が生じたことから、広範囲に影響が及んだ。

 発生地域は本島北部から南部まで20市町村と広範囲に及んでいる。南風原町(8090戸)、那覇市(5150戸)、西原町(4820戸)などで停電が多かった。

 また同時間帯に、本島中南部一帯の県道や国道などに設置された信号機の少なくとも50基が停電した。約15分後までに全て復旧した。関連する事故などの報告はないという。

【関連記事】

▼【速報】沖縄本島で一時大規模な停電発生 沖縄電力が原因調査中

▼「家庭向け電気代431円上乗せ」沖縄電力、4月から 託送料

▼【比較表】沖縄の電気代、全国最高に 全体で320億円増…県が試算した影響とは

▼「生活の限界」「企業に甚大な影響」 沖縄電力の料金値上げ申請に厳しい意見 那覇で公聴会

▼雷で一時停電、最大2349戸 中城村と北中城村、配電設備に不具合(2022年8月)

 



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス