FC琉球 宮崎に0-3 2連敗


社会
この記事を書いた人 Avatar photo 山城 祐樹

 明治安田J3第15節第1日の24日、FC琉球は沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムでテゲバジャーロ宮崎と対戦し、0―3で敗れて2連敗となった。通算成績は5勝8敗2分けで勝ち点17のまま。

 前半開始早々の2分、コーナーキックから頭で決められ先制点を奪われた。終盤になるにつれて琉球のゴール前でのチャンスも多くなったが得点は奪えず、0―1で折り返した。後半は序盤から何度も攻めた。柳貴博の右クロスからケルヴィンが頭で合わせたシュートでゴールに迫った。しかし、16分にはカウンターから守備のほころびを突かれ中央から2点目、27分には縦パスを通され、ドリブルで持ち込まれて3点目を決められた。以降もカウンターを食らう場面が多かった。

 次戦は7月2日、香川県のPikaraスタジアムでカマタマーレ讃岐と対戦する。