FC琉球逆転 2 連勝 松本山雅に2-1


社会
この記事を書いた人 Avatar photo 山城 祐樹
FC琉球-松本山雅FC 後半、45分逆転のゴールを決める琉球の阿部拓馬(手前)=8日、沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアム(喜瀨守昭撮影)

 サッカーの明治安田J3第17節第1日の8日、FC琉球は沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムで松本山雅FCと対戦し2―1で逆転勝ちした。2連勝で2試合連続の逆転勝ち。通算成績は7勝8敗2分けで勝ち点を23に伸ばした。

 開始早々の前半2分、右サイド裏を破られ、中央へのクロスから先制点を奪われた。その後はパスをつないで何度もゴールに迫ったが、ゴールポストに阻まれるなど無得点に終わり、0―1で折り返した。後半は主導権を握りながらも得点できない場面が続いたが、39分にサダム・スレイ、45分に阿部拓馬が得点して逆転した。

 次戦は15日、富山県総合運動公園陸上競技場でカターレ富山と対戦する。