地域

地域応援 35時間ラジオ FMやんばる、あすから

35時間ラジオ番組の聴取と「YANDOカード」の利用を呼び掛ける、FMやんばるのメンバー=17日午前10時半ごろ、名護市のFMやんばる

 【名護】名護市のコミュニティーラジオ局「FMやんばる」が21日午前9時から22日午後7時にかけて、人気パーソナリティーが夜を徹してつなぐ「35時間ラジオ」を行う。17日にはFMやんばるの特別番組で、ジョバンニ新城こと新城拓馬専務取締役らがPRした。

 22日はパーソナリティーらで作詞作曲したテーマソング「YANDOのテーマ」で幕開けし、新城さんを中心に各番組で盛り上げていく。22日午前10時からは市内30店舗が一堂に会した「なごみマルシェ」の会場、市営市場から中継する予定。
 番組では地域経済を盛り上げるため、やんばる地域のメンバーズショップで使えば「ささいなサービス」を受けられる「YANDOカード」を無料配布するほか、加盟店舗を有料で募集する。2014年度の小規模事業者持続化補助金を活用した。
 今後、同カード利用者から送ってもらった店舗利用の感想を番組などで紹介するほか、フェイスブックなどで発信し、店舗を応援していくという。
 そのほか、毎年1月に銭ヶ森の山肌に光る風物詩「光文字」を実施する光文字実行委員会を応援するため、番組中に古紙を募集し、換金して実行委に寄付するという。
 新城さんは「番組を聴いてもらうとともに、YANADOカードを起爆剤にやんばるを盛り上げたい。古紙も募集している」と呼び掛けた。