スポーツ

東京五輪「協力を」 組織委が知事訪問

意見を交わす翁長雄志知事(手前)と東京五輪・パラリンピック組織委員会の佐藤広副事務総長(奥右)、雑賀真総務局長(同左)=20日、県庁

 2020年の東京五輪・パラリンピック組織委員会の佐藤広副事務総長らが20日、県庁を訪れ、翁長雄志知事に大会への協力を求めた。会談で佐藤氏は「2020年の先も見据え、五輪の流れの中で地元の声を発信できる機会を考えていきたい」と説明。翁長知事は、沖縄発祥の空手が東京五輪の追加種目に見込まれていることを挙げ「沖縄が何百年にわたって自信を持ってきた分野。何か役に立てないかと思っている」などと述べた。

同組織委は大会を全国的な取り組みとして盛り上げようと全国を巡っており、沖縄の訪問は全国38番目。【琉球新報電子版】